代表印

イメージ画像

会社を始めるに当たって、印鑑を準備します。
印は会社実印・会社銀行印・角印(社印)が、会社のいわゆる法人の印鑑として
そろえるものとして必要だといわれています。

会社実印は代表印・代表者印ともいいます。
会社、法人を設立する際に法務局へと登録するものです。会社の持つものとしてとても大切なものです。
さまざまな契約時に必要とされるもので、契約書へと捺印します。

この代表印は大切なものであるので、あまり人目に触れることはありません。
そして、万が一を考え、偽造されにくいものであることが望ましいのです。
偽造されにくい、ということを分かりやすくいえば、印鑑の書体を不正しにくいものにするということでしょうか。

印鑑の格安
URL:http://www.at-hanko.com/
スピード 印鑑 作成

会社、法人の実印には、印相体・篆書体・古印体などが書体として人気があるようです。
これらはみんな、漢字を表したときにすぐには読み取れない、万が一盗難されたり悪用された場合に偽造されにくいという特徴があります。

代表印の大きさも決まっています。10ミリ以上30ミリ以内の四角に収まる形であればいいとされていますが、一般的には丸型の、18ミリの大きさが人気があるようです。
せっかくつくるのだからと、ほとんどの場合には代表印と銀行印、角印のセットが人気があり、その3本セットで購入する人が多いといいます。

急に焦って選ぶことのないように、前もって余裕を持ってどんな印鑑にするのかをきちんと決めておきましょう。
飽きたからと簡単に作り変えたりするものではありませんよ。

このページの先頭へ